MetaMorph    
Metamorph, MetaMorph NX比較表
(MetaFluor / MVDOC / MetaMorph NX / PrizMage/ ProzMage-X / Photo Bleaching Correction)

MM_logo


画像取得・画像解析/処理/強調/表示など
あらゆる要求に対応するソフトウェア


MetaMorphは、バイオイメージングをこれから始めようとお考えの学生さんから、周辺機器を組み合わせてお使いになられるハイエンドユーザ様まで、多種多様なご要求を満たすことのできる唯一のイメージングソフトウェアで、6つの次元(X、Y、Z、波長、時間、ステージ位置)を任意に組み合わせて画像取得が容易に行えるよう設計されています。 また、複雑なデータ取得・解析手順を面倒なプログラミング知識を必要とせずに自動化するためのJournal 機能(マクロ)も実装されており、強力な画像処理機能と合わせることで独自の画像解析プロトコール(アッセイ)の構築も可能です。





特徴

  • ‌6次元情報(CCDカメラ、時間、波長、フォーカス面、ステージ位置)を組み合わせて
    画像取得が可能 (Multidimensional Aquisition モジュール)
  • ‌画像データを解析・処理の機能が豊富
  • ‌画像解析・画像処理でJournal機能(マクロ機能)を 活用することが可能
  • ‌プレゼンテーション資料として画像に加工を加えることが可能
  • アプリケーション モジュール機能に対応


● 3D(T) イメージングシステム

正立型および、倒立型顕微鏡に取り付けられた光源シャッターまたは、LED光源ユニットを制御し、長時間にわたりサンプル観察を行います。データ取得方法も、メモリー上にデータ蓄積させる方法とハードディスクに直接書き込む方法とを選択することが可能です。MetaMorphのタイムラプス機能(Acquire Timelapse)は、観察中に時間間隔の変更、観察の一時停止・再開・中止が容易に行えます。



● 4D(T+λ)イメージングシステム

マニュアル顕微鏡の場合は、いくつかの蛍光フィルターを実装した外付けフィルターホイールを制御することで励起光および、吸収光を瞬時に切り替えてサンプル観察を行います。電動顕微鏡の場合は、フィルターキューブターレットを自動制御します。なお、Multi Dimensional Acquisition機能により、データ取得間隔、波長設定が非常に簡単に行えます。



● 4D(T+Z)イメージングシステム

マニュアル顕微鏡のフォーカスノブに外付けZ軸フォーカスモータを実装し、焦点面をずらしながら画像取得します。サンプルの厚みに合わせてスライスする枚数、スライス間隔を設定してデータ取得することが可能です。MetaMorphには、標準で3次元立体再構築機能・2Dデコンボリューション機能・ベストフォーカス機能・画像演算処理などが含まれているので、立体解析やプレゼンテーション用画像作成も簡単にできます。
なお、オプションの2Dリアルタイムデコンボリューション機能を用いることで、共焦点顕微鏡に匹敵する鮮明画像が得られます。



● 5D(T+λ+Z)イメージングシステム
タイムラプス時の各タイムポイント毎に、波長切り替えと焦点面スキャンを合わせて行います。
取得後のデータセットは、4D Viewerを用いることで立体視をした状態での時系列変化を観察することが可能です。



● 5D(T+X/Y/Z)イメージングシステム
電動化されたサンプルステージを制御することで多点タイムラプスが可能です。なお、ポジションごとでデータ取得条件(カメラの露光時間、ゲイン、ビニング、対物レンズの倍率など)も変えられるので、1度の実験で多くの情報取得が可能となります。



● 6D(T+λ+ X/Y/Z)イメージングシステム

電動化されたサンプルステージを制御し、各サンプルポジションごとに波長を切り替えながら、Z軸スキャンが可能です。
なお、ポジションごとでデータ取得条件(カメラの露光時間、ゲイン、ビニング、対物レンズの倍率など)も変えられるので、5D同様 1度の実験で多くの情報取得が可能となり、4次元解析(トラッキングなど)に展開が可能です。



● +α(Temperature)イメージングシステム

MetaMorphでは、LCI(Live Cell Instrument)社のhamlideシリーズインキュベータや、東海ヒット社のINUBSFP/ NUBTFPシリーズコントローラーを組み合わせることで、データ取得時のサンプル環境温度の記録が可能です。
これにより、サンプルが温度による影響を受けたのか否かの判断も容易に行えるようになります。また、温度勾配をかけながらのデータ取得も可能です。






アプリケーションモジュール ( 対応表 pdf

MetaMorphは、各種バイオアプリケーションに特化した専用解析モジュールを用意しております。それぞれの解析モジュールは、画像解析に不慣れな方でも必要最小限の設定条件項目を数値入力するだけで、元画像の前処理(フィルターリングやセグメンテーションなど)なしで実行できるよう設計されております。解析後の結果は、画面表示されるだけでなく、画像と解析結果がリンクされていますので、確認したい細胞の結果を瞬時に見出せます。また、結果はスプレッドシートへ自動出力することも可能となっています。なお、MetaMorphアプリケーションモジュールは、Journal機能(マクロ)に組み込むことで、自動解析が可能です。
※すべてのアプリケーションモジュールは、社内および、外部機関にて解析結果の信頼性検証を実施済みです。






機能

→ pdfを ダウンロード




解析用オフラインソフトウェア MMPOCHシリーズ

MMPOCHシリーズは、MetaMorph Premier (Windows8対応Ver 7.8)とMetaMorph NX (Ver 2.5) のダブルライセンスソフトウェアです。
Premierオフラインソフトウェアが有する4D Viewerをはじめとする強力な解析機能に加え、#1には解析モジュールとしてNeurite Outgrowth, Multi-Dimensional Motion Analysisおよび、Transfluorを#2にはMulti Wavelength Cell Scoring, Multi-Dimensional Motion Analysisおよび、Transfluorを標準実装しています。MetaMorphシステムで取得した画像はもちろんのこと、各社顕微鏡メーカの共焦点顕微鏡システムで取得したデータに関しても解析が可能となっています。